ニュース
» 2013年07月29日 14時29分 UPDATE

Amazon、米国で5000人雇用へ──配送センター拡充のため

第2四半期は営業コストがかさんで700万ドルの純損失だったAmazon.comが、増大する顧客のニーズに対応するため、米国内の配送センターで新たに5000人を雇用すると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは7月29日(現地時間)、増加する顧客需要に対応するため、米国内で新たに5000人以上の配送担当正社員を雇用すると発表した。Amazonの米国内の配送センターでは既に2万人以上の正社員が働いている。

 同社は昨年だけでも米国内に8つの配送センターを開設し、数千人の新たな雇用を生み出したという。今回新たに17の配送センターで求人する。同社は現在、カスタマーサービス要員(正社員およびパートタイム)も2000人求人している。

 amazon 配送センターの求人ページ

 同社が25日に発表した第2四半期(4〜6月)決算は、売上高が前年同期比22%増の157億400万ドル、純損失が700万ドル(1株当たり2セント)だった。総営業コストは前年同期比23%増の156億2500万ドルで、その内の物流設備への投資が35%増の1億8800万ドルだった。正社員は前年同期から40%増加し、9万7000人だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -