ニュース
» 2013年08月06日 10時39分 UPDATE

Appleの開発者サイト、ダウンから約20日間でほぼ復旧

Appleが7月18日に“侵入者”があったとしてダウンさせた開発者サイトのほとんどのサービスが復旧した。残るサービスも今週中には復旧する見込だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは8月5日(現地時間)、7月18日にダウンさせた開発者サイトがほぼ復旧したと発表した。ステータスページによると、Member Center、Program Enrollment and Renewals、Technical Support以外はすべてオンライン状態になっている。

 apple dev

 同社は開発者センターの特設ページで、今週中に残りのサービスのほとんどを復旧させる計画だとしている。

 Appleは開発者に対してあらためて謝罪し、何かあればサポートチームに連絡するよう求めている。

 同社は7月18日、“侵入者”が登録開発者のデータにアクセスしようとしたため、サイトを直ちにダウンさせたと発表。現在、開発システム全体の見直し、サーバソフトウェアのアップデート、データベース全体の再構築に取り組んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -