ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2013年08月08日 11時26分 UPDATE

「バンブラ」新作はVOCALOIDで歌声も 「P」になれる「バンブラP」13年冬発売

任天堂は「大合奏!バンドブラザーズP」を今冬に発売。新たにVOCALOID技術を搭載、自分の分身「シンガー」に自由に歌わせることができるという。

[ITmedia]

 任天堂は、「バンドブラザーズ」シリーズの新作「大合奏!バンドブラザーズP」を今年冬に発売する。新たにVOCALOID技術を搭載、自分の分身「シンガー」に自由に歌わせることができるという。

 人気曲に加え、ユーザーが打ち込んだ楽曲でセッションなどをして楽しめる人気シリーズ。ニンテンドーDS用の「DX」では、ユーザーが作成した楽曲を任天堂サーバ上に投稿し、別のユーザーがダウンロードして演奏することも可能だった。

photo 任天堂・岩田社長のシンガー「いまさら いわた」
photophoto

 新たに、ユーザーの顔写真と音声から分身となる「シンガー」を作成することができるようになった。VOCALOID技術により、画面に流れる音符をキャッチすることで、人気の楽曲や自分で作った楽曲をシンガーに自由に歌わせることができるという。「シンガーのプロデューサーになれる」(岩田聡社長)。

photophoto

 パートは2つ増えて10パートに、楽器は72種類となり「よりプロフェッショナル仕様」に。タイトルの「P」は「プロデューサー」「プロフェッショナル」から付けた。

 新作のリリースに伴い、「DX」の楽曲投稿は9月26日で終了する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.