ニュース
» 2013年08月14日 10時53分 UPDATE

Twitter、エンジニア育成のための「Twitter University」開設

年内の株式公開をうわさされているTwitterが、社内エンジニア育成のため、ソフトウェアエンジニアリング講習企業のMarakanaを買収し、社内講習プログラム「Twitter University」を立ち上げた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは8月13日(現地時間)、オープンソース技術の講習を手掛ける米Marakanaの買収と、社内エンジニアのスキルアップを目的とした訓練プログラム「Twitter University」の立ち上げを発表した。Marakanaの買収総額などの詳細は公表されていない。

 MarakanaはTwitterのエンジニアリングチームに組み込まれ、Twitter Universityを担当する。

 Marakanaは、2001年創業のカリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置く非公開企業。Android、Java、HTML5、Scala、Python、Hadoop、jQueryなどの講習コースを開発し、10万人以上のソフトウェアエンジニアに講習を提供してきたという。また、オンラインで公開している無料講習動画は、500万人以上のエンジニアが参照したとしている。

 無料講習動画には既にアクセスできなくなっている。Marakanaは、Marakana出身のインストラクターが多く在籍するNewCircleのコンテンツを勧めている。

 Twitterのエンジニアリング担当上級副社長のクリス・フライ氏は、Twitterの成長にともなってエンジニアチームも拡大してきており、エンジニアにワールドクラスの技術トレーニングを提供することが重要になってきたため、Twitter Universityを開設することにしたと語った。「Twitterを、エンジニアが働く世界一の職場にしたい」(フライ氏)

 オープンソースソフトウェアコミュニティーに貢献するため、Twitter Universityのコンテンツの一部を、オンラインで一般に公開する計画という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -