ニュース
» 2013年08月19日 09時56分 UPDATE

Microsoft、Outlook.comの数日にわたる不具合を謝罪

ActivSyncのキャッシングの不具合が原因で、ユーザーの一部が数日にわたってOutlook.comに接続できなかったとしてMicrosoftが謝罪し、原因と対策を説明した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米MicrosoftのOutlook.comやSkyDriveの一部のユーザーが8月14日から数日間、サービスを正常に利用できなかったことについて、Microsoftが謝罪し、原因と対策を説明した。この不具合は18日に解消され、現在正常に動作している。

 同社の「サービスの履歴」によると、問題は14日にHotmail、Messenger、SkyDriveなどで発生した。原因は、モバイル端末などで使っているExchange ActiveSycのキャッシングの失敗という。これにより、トラフィックが超過し、一部のユーザーがOutlook.comへのアクセスやメールでのSkyDriveファイルの共有などの操作をできなくなった。

 この問題を解決するために、Exchange ActiveSync経由のアクセスを遮断したため、同サービスを利用するユーザーにも影響が及んだ。

 Microsoftは今回の問題の対策として、システムの影響を受けた部分のネットワーク容量を拡大し、Exchange ActiveSyncを利用する端末のエラー処理方法を変更したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -