ニュース
» 2013年08月26日 07時17分 UPDATE

InstagramとVineが約2時間ダウン AWSの問題の影響か

画像・映像共有サービスのInstagramと動画共有サービスのVineがほぼ同時にダウンした。約2時間で復旧したが、原因などについての発表はまだない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のInstagramと米Twitter傘下のVineのサービスが、日本時間の8月26日午前5時ごろから約2時間ダウンした。午前6時55分ごろ、いずれも復旧した。

 米GeekWireによると、2つのサービスは太平洋時間の25日午後1時(日本時間の26日午前5時)くらいから接続しにくくなっていたという。

 Instagramは5時49分に、Vineは6時20分に(いずれも日本時間)、公式Twitterで、問題を認識しており、復旧作業中であるとツイートした。

 instagram
 vine

 ダウン中、「Instagram and Vine」というキーワードがTwitterの「世界中のトレンド」に入った。米国では日曜日の午後ということもあり、「これはInstagramとVineからの、(モバイル端末とではなく)身近にいる人と交流しろというメッセージかも」といった内容のツイートが多く投稿された。

 原因についてはまだ公式発表はないが、両社ともにダウンしたサービスに米Amazon.comのAWSを使っており、AWSの問題が原因のようだ。AWSのステータスページによると、両サービスがダウンしたのとほぼ同じ時間帯に北バージニアのデータセンター(東リージョン)で幾つかの問題が発生しているのが分かる。

 aws

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -