ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2013年08月30日 12時18分 UPDATE

元Microsoft幹部のシノフスキー氏、SkyDrive競合のBoxの顧問に就任

昨年秋にMicrosoftを退社し、最近大手ベンチャーキャピタルに参加したスティーブン・シノフスキー氏が、クラウドストレージサービスの新興企業Boxの顧問に就任した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米クラウドストレージサービスのBoxは8月29日(現地時間)、米Microsoftの元WindowsおよびWindows Live担当社長のスティーブン・シノフスキー氏を正式な顧問として迎えたことを発表した。

 sino スティーブン・シノフスキー氏

 シノフスキー氏は22日、米ベンチャーキャピタル大手のAndreessen Horowitzに“board partner”として参加すると発表。投資先企業の取締役を務めることになるとしていた。Boxは、Andreessen Horowitzから出資を受けている。

 Boxは2005年創業のカリフォルニア州ロスアルトスに拠点を置く非公開企業。一般ユーザーおよび企業向けにクラウドストレージサービスを提供しており、MicrosoftのSkyDriveの競合の1つだ。21日にはユーザー数が2000万人を超え、無料プランの容量を従来の5Gバイトから2倍の10Gバイトに増量した。SkyDriveの無料容量は現在7Gバイトだ。

 Boxのアーロン・レビーCEOは公式ブログで、昨年秋にシノフスキー氏にFacebookのメッセージを送ったことでFacebookの友達になり、さまざまなアドバイスを受けてきたと語った。シノフスキー氏は昨年11月にMicrosoftを退社した。

 同氏はMicrosoftに20年以上勤め、Windowsの他、Office、SharePoint、そしてもちろんSkyDriveを担当した経験を持つ。シノフスキー氏は最近、自身のブログに投稿した1万ワードを超える新時代のプロダクティビティツールに関する考察で、Boxをはじめとするクラウドストレージの可能性について語っていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.