ニュース
» 2013年09月05日 12時36分 UPDATE

「Firefox OS」へのアプリ移植開発者に端末提供──Mozillaが新プログラム発表

Mozillaが、既に公開しているHTML5ベースのアプリをFirefox OSに移植すると申請した開発者にスマートフォン「Keon」を提供するプログラム「Phones for Apps for Firefox OS(第二フェース)」を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Mozillaは9月4日(現地時間)、HTML5ベースのオープンモバイルプラットフォーム「Firefox OS」向けアプリの増加を目指し、アプリ開発者に開発用端末を提供するプログラム「Phones for Apps for Firefox OS」の“第二フェーズ”を開始したと発表した。

 keon Keon

 5月にスタートしたこのプログラムの第一フェースでは、MozillaにFirefox OS向けアプリを開発していることを申請し、認められると開発用端末「Keon」を入手できるというもの。第一フェーズは6月に終了した。

 今回始まった第二フェーズでは、Firefox OS向けのアプリの開発ではなく、既に公開しているHTML5ベースのアプリをFirefox OSに移植(ポート)すると申請した開発者(ポーター)にKeon端末を提供する。

 希望する開発者はエントリーページに必要事項を入力する。当選者にはMozillaから連絡がある。応募には、アプリを公開しているアプリストア(米AppleのiTunes App StoreやGoogle Playなど)のURLや移植にかかる期間、どのようなWebAPIを使っているかなどの情報が必要だ。

 keon 2 エントリーページ

 Firefox OS搭載の一般向け端末としては、7月に中国ZTEが「ZTE Open」がスペインTelefonicaから発売されている。ユーザーは、専用アプリストア「Firefox Marketplace」からサードパーティー製アプリをインストールできる。現在登録されているのは無料アプリのみだが、年内に有料アプリも登場する見込み。

 keon 3 Firefox Marketplace

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -