ニュース
» 2013年09月05日 15時58分 UPDATE

ソニー、デジカメ連携アプリを開発できるAPI公開 スマホやタブレットからリモート操作可能に

ソニーは、同社製カメラをスマートフォンからリモート操作するアプリを開発できるAPIを公開した。“レンズだけ”のサイバーショット「DSC-QX100」などで対応する。

[ITmedia]
画像 開発者向けサイト

 ソニーは9月5日、同社製デジタルカメラをスマートフォンやタブレットから操作するアプリを開発できるAPI「Camera Remote API beta」を、開発者向けサイト「Camera Remote Apps Developer Program」で公開した。

 スマートフォンやタブレットから無線LAN経由でカメラを操作し、静止画/動画を撮影したり、スマートフォンのディスプレイでカメラのライブビューを表示したり、タブレットからセルフタイマーやズームを操作する――などが可能なアプリを開発可能。開発者向けサイトでは、仕様書やサンプルコード、関連ドキュメントをダウンロード提供している。

 対象機種は、サイバーショット新モデル「DSC-QX100」「DSC-QX10」、デジタル一眼カメラα「NEX-6」「NEX-5R」「NEX-5T」、アクションカム「HDR-AS30V」「HDR-AS15」、ミュージックビデオレコーダー「HDR-MV1」の8機種。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -