ニュース
» 2013年09月12日 16時53分 UPDATE

Motorola、テキサス州での「Moto X」製造を正式発表

テキサス州フォートノースのMoto X製造工場の起工式典には、州知事のリック・ペリー氏も招待された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のMotorola Mobilityは9月10日(現地時間)、米国ユーザー向けAndroid端末「Moto X」を製造するテキサス州フォートノース工場の操業開始を正式に発表した。この工場は、米委託製造業者Flextronicsが運営する。Motorolaは8月に発表したこのAndroid端末の大きな特長の1つとして、「メイドインUSA」をうたっている。

 Motorolaは、Moto Xは米国で製造される初のスマートフォンだと主張する。米国で製造することで、ユーザーがオンライン発注時にカバーや刻印などをカスタマイズした製品を迅速に出荷できるとしている。

 米国では近年、製造業の弱体化が問題になっており、Motorolaは「Moto Xを米国内で製造することは、米国経済の健全化に必要なイノベーションを取り戻すことにつながる」としている。

 factory 工場内(Google Mapsより)

 同工場でのMoto X製造によって、フォートノースに新たに2000人の雇用機会を創出した。着工式典にはGoogleのエリック・シュミット会長、Motorolaのデニス・ウッドサイドCEO、Flextronicsのマイク・マクナマラCEOとともに、リック・ペリー州知事が出席した。

 perry 左から、デニス・ウッドサイド氏、エリック・シュミット氏、リック・ペリー氏、マイク・マクナマラ氏

 米Reutersによると、同工場は8月6日からMoto Xを製造しており、現在週当たりの製造台数は10万台に上るという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -