ニュース
» 2013年09月17日 09時20分 UPDATE

GoogleとSamsung、Linux開発企業トップ10にランクイン

Linux Foundationが毎年公開しているLinux開発リポートの2013年版で、カーネル開発支援企業トップ10の7位にSamsungが、8位にGoogleがランクインした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Linux Foundationは9月16日(現地時間)、Linux開発に関する年次報告書「Linux Kernel Development: How Fast It is Going, Who is Doing It, What They Are Doing and Who is Sponsoring It」の2013年版を公開した。

 前回の報告書(Linuxカーネル 3.2まで)以降にLinuxカーネル開発を支援している上位10社に、韓国Samsung Electronicsと米Googleがランクインした。

 linux Linuxカーネル開発支援企業上位30社(資料:Linux Foundation)

 表中でNone(個人)、Unknown(不明)、Consultantsと表示されているものを除くと、Samsungが7位、Googleは8位だ。前回はSamsungは27位、Googleは12位だった。Samsungは2012年6月にLinux Foundationのプラチナメンバーになっている。Googleはゴールドメンバーで、同社のAndroidやChrome、自動運転カーのプラットフォームはLinuxベースだ。

 4位に浮上したLinaroは、英ARMのモバイル・組み込み向けプロセッサCortex-Aベースの開発に取り組む非営利団体。Linux Foundationによると、Linaro、Samsung、米Texas Instruments(TI)によるモバイル・組み込み関連の支援が前回の4.4%から11%にまで増加したという。

 この報告書は、こちらのページからダウンロードできる(登録が必要)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -