ニュース
» 2013年09月18日 11時23分 UPDATE

“リアル重視”の店舗情報共有アプリ「ShopCard.me」正式リリース

友人などと飲食店情報を交換できるiOS向けアプリ「ShopCard.me」が正式リリース。ネット上の評価や口コミの共有を主目的とせず、ユーザーの「日常のコミュニケーションを促進していきたい」という。

[山崎春奈,ITmedia]

 飲食店などの情報を記録し、友人などと交換できる――そんなiOS向け無料アプリ「ShopCard.me」を、ネットベンチャーの想創社がApp Storeで公開した。同社は「モバツイ」開発者の藤川真一(えふしん)さんが2012年11月に設立したベンチャー。「知らない人の口コミや無機質な検索結果より、身近な人のオススメの一言のほうが信頼できる」をコンセプトに開発したという。

photo 使用イメージ

 気に入った店の情報を、写真や訪問日などとともに「ショップカード」として保存できるアプリ。ユーザーが保存したショップカード情報は位置情報を基に検索でき、来店記録を残したりできる。また、友人などのスマートフォンにBluetooth経由でショップカードを送れる「Shuriken」機能も搭載。ユーザー間のメッセージ交換機能や、Twitter/Facebook/LINEへの投稿機能も備えている。

 藤川社長は、160万人以上のユーザーを抱える携帯電話向けTwitterクライアント「モバツイ」の開発者。「モバイルインターネットの普及で、ネットが“情報強者”だけのものではなくなったからこそ、日常に密着したサービスを作りたかった。知らない人の口コミや無機質な検索結果より、身近な人のオススメの一言のほうが信頼できるし、伝えるプロセスにも価値がある。アプリやインターネットの外にあるコミュニケーションを促進していきたい」と話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -