ニュース
» 2013年09月26日 11時59分 UPDATE

YouTube、BGMに自由に使える150曲以上を集めた「オーディオライブラリ」を公開

ライブラリの楽曲は著作権フリーで、ダウンロードしてYouTube以外でも利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeは9月25日(現地時間)、動画のBGMとして無料で使える著作権フリーの楽曲を集めた「オーディオライブラリ」を公開した。現在約150曲が利用できる。フォーマットは320KbpsのMP3。

 ライブラリではジャンル、スタイル、楽器、長さなどのカテゴリーで楽曲をフィルターしたり、キーワードで検索することができる。その場で試聴でき、気に入った曲にはスター(★)を付けて「お気に入り」に登録することも可能。スターが多数付いた曲は「注目」カテゴリーに並ぶ。ダウンロードすれば、YouTube以外でも利用できる。

 liburary 1 曲の長さで絞り込むこともできる

 これらの楽曲には、YouTubeが募集したミュージシャンによって作曲されたものも含まれる。ギタリストのオスカー・ロドリゲスや「ショーン・レノンのアルバムを制作したブルックリン在住のプロデューサー」なども参加したという。

 oscar ライブラリ用の楽曲を収録するオスカー・ロドリゲス

 ベートーベンの第九やロッシーニのウィリアム・テル序曲などのおなじみのクラシック曲も収録されている。

 YouTubeは現在も、オーディオライブラリに楽曲を提供するミュージシャンをこちらのページで募集している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -