ニュース
» 2013年10月02日 09時38分 UPDATE

NASAのサイトもアクセス不能に──米政府機関閉鎖で

米オバマ政権の暫定予算が通過しないまま新会計年度が始まったため、連邦政府機関の多くが閉鎖された。NASAの公式サイトはアクセス不能で、DOJやFTCなどは「閉鎖中」のメッセージが表示される。【UPDATE】

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米連邦政府の暫定予算が連邦議会を通過しないまま10月1日午前0時に新会計年度が始まり、連邦政府機関の一部閉鎖が現実になった。政府機関の一部閉鎖は17年ぶりという。対象となった政府機関の公式サイトもアクセス不能になるなど、利用できなくなっている。

 例えば米航空宇宙局(NASA)のページにアクセスしようとすると、タイムアウトしてしまう。【UPDATE】タイムアウトしない場合は、USA.govの告知ページにリダイレクトされる。

 nasa 1

 NASAは公式Twitterで「政府機関閉鎖の間、ツイートやリプライはできません」とツイートした。

 米司法省(DOJ)や米連邦取引委員会(FTC)のサイトには、トップページに開店休業のメッセージを掲載している。

 doj 米司法省のページ

 米連邦政府の公式サイトUSA.govによると、社会保障関連、郵便の配送、交通整理など必要最低限のサービスは継続するという。なお、NASAも宇宙ステーション滞在中の宇宙飛行士のサポートは継続している。

 ビル・クリントン大統領時代政権下の1995年に発生した前回の閉鎖は21日間続いた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -