ニュース
» 2013年10月03日 12時59分 UPDATE

Apple、CATVのベテランをエンジニアリングディレクターとして採用

IPネットワークや音声技術の経験を持つCATV界のベテラン、ジャン−フランコ・ミュール氏がAppleにエンジニアリングディレクターとして入社した。LinkedInの職歴欄に、“何か大きなこと”に参加すると書いている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 CATV機器の研究開発、認定のための米非営利団体CableLabsの幹部を務めた経験を持つエンジニア、ジャン−フランコ・ミュール氏が、米Appleにエンジニアリングディレクターとして入社したことが、同氏のLinkedInのプロフィールで明らかになった。

 jean

 職歴の欄によると、2013年8月にCableLabsの技術開発担当上級バイスプレジデントを辞めた後、1カ月のオフを経てApple入りしたようだ。Appleでは“something big(何か大きなこと)”を担当するという。

 IPネットワークや音声・動画技術を手掛けてきた同氏の経歴からみて、「Apple TV」関連のプロジェクトに参加するとみられる。Appleのティム・クックCEOは昨年末、米NBCのインタビュー番組で将来的な計画について尋ねられた際、「テレビをつけると、20〜30年前に戻った気がする。非常に興味深い領域だ。それ以上のことは言えないが」と語っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -