ニュース
» 2013年10月04日 13時38分 UPDATE

Intel、「Quark」搭載の非技術者向け「Galileo」ボードを発表

Intelが、低消費電力SoC「Quark」を搭載するArduino互換の開発ボード「Galileo」を発表した。11月末にMouserなどで発売される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Intelは10月3日(現地時間)、9月に発表した低消費電力SoC「Quark」を搭載する開発ボード「Galileo」を発表した。11月29日にパーツショップの米Mouser Electronicsなどから発売される予定。価格はまだ公表されていない。

 galileo 1 Galileoのパッケージ。おまけとしてバニーピープルの人形も入っている

 ボードの表側中央に設置された「Intel Quark SoC X1000」の他、ACPI、PCI Express、イーサネット、SD、USB 2.0、UART、RS-232、8MバイトのNORフラッシュ、JTAGなどを備える。

 galileo 2 Galileo
 galileo 3

 Galileoは、オープンソースなボードと開発ソフトウェアを提供するArduinoのボードと互換で、Arduinoの開発キットとソフトウェアを使うことで、技術的な知識があまりないアーティストやデザイナーでもインタラクティブな作品を作れるという。Galileoのページには、ソーシャルメディアのアクティビティに反応して光るLEDボードが紹介されており、さらに複雑なホームオートメーションシステムやスマートフォンで制御できるロボットまで構築できるとしている。

 Intelは5万枚のGalileoを世界の1000校の大学に提供する。現在既に、世界の17の大学と、Galileoを使ったカリキュラムを開発しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -