ニュース
» 2013年10月07日 19時37分 UPDATE

「ヤフーは間違っていた」と孫社長 EC出店料の無料化という「革命」に打って出る狙いは (1/2)

「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」の出店料が無料化。「ヤフーは間違っていた」と話す孫社長の心は?

[岡田有花,ITmedia]
画像 出店者向けイベントで講演する孫会長

 「きょうは革命的な内容をご説明する」――ヤフー会長を務めるソフトバンクの孫正義社長は10月7日、「Yahoo!ショッピング」の出店者イベント「ストアカンファレンス2013」で講演、「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」の出店料無料化を発表した。

 出店のハードルを大きく下げ、出店者数・出品数を拡大。「インターネットで買えないものはないという世界を作りたい」という。国内ショッピングモール市場シェアナンバーワンの「楽天市場」を2019年までに抜き、「国内最大のECの場」を構築。ビジネスモデルは転換し、広告収入を収益の柱にすえる。

 ヤフーのイベントに孫会長が登壇するのは異例。孫会長を迎えた会場は熱気に包まれ、「今までみなさんがお支払いしていた出店料、売り上げロイヤルティは全部タダ」と話すと、驚きの笑いと拍手が上がった。

個人の出店も可能に

 「Yahoo!ショッピング」のストア出店料(初期費用2万1000円、月額費用2万5000円)と売り上げロイヤルティ(売り上げの1.7〜6.0%)は、今月から完全無料化。販売店は、「Tポイント」の原資負担(売り上げの1%〜15%)や決済手数料など一部の費用を支払うだけで出店・販売できるようになる。

 「革命という言葉には、自由という言葉が似合う」(孫会長)――Yahoo!ショッピングからの外部リンクを開放するほか、Yahoo!ショッピング出店者から顧客へのメール送信の制限などを撤廃するなど「全部自由、無料にする」ことで、遅くとも2019年までにショッピングモール市場ナンバーワン奪取を狙う。

 「ヤフオク!」の出店料(月額1万8900円)も無料化。ヤフオク!ではさらに、個人の出品システム利用料を原則無料化(Yahoo!プレミアム会員への登録が必要)する。また、年内をめどにYahoo!ショッピングにも個人が出店できるようにする。

手数料ビジネスからメディアビジネスに

画像 「心はヤフーとともにある」と、ヤフーのロゴを配した「eコマース革命」Tシャツを着て宮坂社長や出店者とともに記念撮影する孫会長

 ビジネスモデルは手数料型からメディア型に大きく転換。出店料収入を失う代わりに、広告収入の拡大を狙う。

 例えば、商品の検索結果に優先表示する広告枠を新たに作り、出店者に販売したり、「Yahoo!知恵袋」「Yahoo!検索」などヤフーが運営するサービスに表示する新広告を作るなどして広告収入を拡大する計画。無料化によって出店・出品が増え、モールの規模が拡大すれば、広告収入も拡大できると読む。

 ただYahoo!ショッピングは商品検索の精度が低いなど使い勝手に課題が多く、広告を増やすことで使い勝手がさらに悪くなる恐れもある。小澤隆生ショッピングカンパニー長によると、エンジニアを従来より5倍に増やすなど人材を増強し、機能改善を急いでいるという。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -