ニュース
» 2013年10月25日 14時22分 UPDATE

リコー、全天球撮影カメラ「THETA」発売 ワンショットで上から下まで360度キャプチャ

リコーイメージングは、1度シャッターを切るだけで360度の全天球イメージを撮影できるデバイス「RICOH THETA」を発表した。

[ITmedia]

 リコーイメージングは10月25日、1度シャッターを切るだけで撮影者を取り囲む360度の全天球イメージを撮影できるデバイス「RICOH THETA」(リコー・シータ)を11月8日に発売すると発表した。直販価格は4万4800円。

photo

 独自開発の超小型二眼屈曲光学系を採用し、世界で初めて上下を含む真の全天球画像の撮影を可能にしたという。大きさは42(幅)×129(高さ)×22.8(奥行き)ミリ、重さは約95グラムと持ち歩きしやすい小型軽量型。内蔵メモリーは約4Gバイトで、撮影可能枚数は約1200枚。

 iOS向け無償アプリ「RICOH THETA for iPhone」と連携させると、Wi-Fi経由での撮影画像の転送や、離れた場所でアプリからシャッターを切るリモート撮影ができる。撮影画像は、TwitterやFacebookなどSNSに共有することも可能。Android向けアプリは年内に提供予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -