ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2013年10月29日 18時03分 UPDATE

AndroidとWindowsデュアル搭載、1台でノート・タブレット・デスクトップの3役 「ASUS TransBook Trio」

Windows 8とAndroidをデュアル搭載し、ノートPCとタブレット、デスクトップPCの3つのスタイルで利用できる「TransBook Trio」がASUSから。

[ITmedia]

 台湾ASUSTeK Computerは10月29日、Windows 8とAndroid 4.2.2をデュアル搭載し、ノートPCとタブレット、デスクトップPCの3つのスタイルで利用できる「TransBook Trio」(トランスブック・トリオ)を11月2日に発売する。オープン価格で、実売予想価格は13万9800円前後。

画像 TransBook Trio

 ディスプレイを備えたタブレット部と、「PCステーション」と呼ばれる着脱式キーボード部で構成。タブレット部とキーボード部を接続し、WindowsとAndroidをワンボタンで簡単に切り替えられる「ノートPCスタイル」と、キーボード部を取り外してAndroidタブレットとして使う「タブレットスタイル」、キーボード部を外付け液晶ディスプレイやプロジェクターに接続し、Windows 8デスクトップPCとして使う「デスクトップPCスタイル」の3つのスタイルを1台に集約した。

 CPU、メモリ、ストレージも2つ搭載し、WindowsデスクトップとAndroidタブレットの2台のデバイスとして同時使用も可能。Windows用にはCore i7-4500Uと4Gバイトメモリ、500GバイトのHDDを、Android用にはAtom Z2560と2Gバイトメモリ、16Gバイトフラッシュメモリを搭載する。

 ディスプレイは、10点マルチタッチ対応11.6インチフルHD(1920×1080ピクセル)IPS液晶。タブレットはIEEE 802.11a/b/g/n、PCはIEEE 802.11a/b/g/n/ac(ドラフト)に対応する。タブレット部に500万画素背面カメラ、92万画素前面カメラを備える。

 バッテリー駆動時間はタブレット部が約5時間、キーボード部が約5.6時間、タブレットとキーボードを合体させ、Androidを利用した場合は約13時間。合体時の本体サイズは304.92(幅)×193.78(奥行き)×23.6(厚さ)ミリ、重さは1.7キロ。タブレット部のみなら304.92(幅)×193.78(奥行き)×9.7(厚さ)ミリ、重さは約700グラム。

4万円台からのタブレット/PCデュアル端末も

画像 TransBook T100TA

 着脱式キーボードを備えた10.1インチノートPC「ASUS TransBook T100TA」も11月2日から順次発売する。Windows 8.1とAtom Z3740を搭載した端末で、キーボードを取り外せばタブレットとして使え、タブレット単体ならバッテリー駆動時間15.8時間を確保した。

 実売予想価格は、タブレット部に64Gバイトフラッシュメモリを、キーボード部に500GバイトHDDを搭載した「T100TA-DK564G」(11月下旬以降発売)が5万4800円前後、タブレット部に32Gバイトフラッシュメモリを、キーボード部に500GバイトHDDを搭載したOfficeモデル「T100TA-DK532GS」(11月中旬以降発売)が5万9800円前後、タブレット部に32Gバイトフラッシュメモリを搭載し、HDDなしの「T100TA-DK32G」(11月2日発売)が4万4800円前後。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.