ニュース
» 2013年11月01日 10時00分 UPDATE

旅客機での端末利用規制をFAAが大幅に緩和──離着陸時も「機内モード」で利用OK

米連邦航空局(FAA)が、旅客機内でのスマートフォンやタブレットの利用規制を緩和し、離着陸時でも機内モードにしていれば利用可能にすると発表した。国際線にも適用される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米連邦航空局(FAA)は10月31日(現地時間)、旅客機の「飛行中のすべての段階」で携帯電子端末(PED)を使えるようにすると発表した。離着陸時でも「機内モード」にしていれば通話以外の利用ができるようになる。

 PEDには、スマートフォン、携帯電話、タブレット、ノートPC、ゲーム機、電子書籍リーダー、MP3プレーヤーなどが含まれる。

 新ルールは国内線だけでなく、国際線にも適用される。

 通信端末は通信キャリアのネットワークをオフにしておく必要があり、離着陸時にはPEDを座席のポケットに入れておかなければならない。離着陸時以外は、航空会社が機内Wi-Fiを提供している場合利用でき、Bluetoothも使える。

 各航空会社はFAAから個別の承認を受けた後、新ルールを適用できる。米Delta Airlineは同日、早ければ11月1日にも国内線でのPED利用に新ルールを適用すると発表した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -