ニュース
» 2013年11月07日 09時24分 UPDATE

Samsung、2015年にはスマートフォンも4Kに──Analyst Dayで発表

Samsungがソウルで開催中の投資家向けカンファレンスで、2015年にはUHD(3840×2160)のディスプレイを搭載するスマートフォンが登場し、2016年には折りたためるスマートフォンが登場すると語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは11月6日、ソウルで投資家やアナリスト向けのカンファレンス「Analyst Day」を開催し、2013年の業績や今後の戦略などについて発表した。

 fordable

 半導体部門を統括する権五鉉(クォン・オヒョン)CEO兼副会長は、2014年には曲がるディスプレイを、2016年には折りたためるディスプレイを実用化すると発表した。同社は10月に表面がカーブしたディスプレイのスマートフォン「GALAXY Round」を発表している。

 プレゼンテーションの資料(右図)を見ると、ウェアラブル端末としては腕時計型の「GALAXY Gear」とは別に米Googleの「Google Glass」のようなメガネ型も開発しているようだ。

 fordable 2 Samsungの技術ロードマップ

 システムLSI部門のスティーブン・ウー社長は、ディスプレイの高解像度化のロードマップを紹介した。これによると、スマートフォンのディスプレイは現在の最高解像度であるフルHD(1920×1080)から2014年にはWQHD(2560×1440)に、2015年にはUHD(3840×2160)、つまり4K解像度になるという。

 display

 この他、2014年中に1600万画素のスマートフォンカメラを発表する計画や、オリジナルの64bitのARMベースのプロセッサを開発する計画などを発表した。

 これらのプレゼンテーションの音声と資料はSamsungのページで視聴できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -