ニュース
» 2013年11月07日 19時49分 UPDATE

手のひらサイズの東京駅にスマホでプロジェクションマッピング バンダイの食玩「ハコビジョン」1月発売

バンダイは、手持ちのスマートフォンを使って手のひらサイズのフィギュアに本格的なプロジェクションマッピングを投影できる食玩「ハコビジョン」を1月に発売する。

[山崎春奈,ITmedia]

 バンダイは11月7日、手のひらサイズの箱の中で3Dプロジェクションマッピングが楽しめる食玩「ハコビジョン」を1月27日に発売すると発表した。付属のフィギュアに手持ちのスマートフォンから映像を投影する。価格は525円。

photo ミニ東京駅舎にプロジェクションマッピング

 第1弾として、昨年東京駅で開催した「東京ミチテラス2012/TOKYO HIKARI VISION」と、10月に東京国立博物館で開催した屏風をイメージした作品「KARAKURI」の2つを発売。それぞれの建物のフィギュアに、実際に使われたものをハコビジョン向けにカスタマイズした約12分の映像を投影できる。

 パッケージ内部にフィギュアをセットし、映像投影部分となるクリアプレートを斜めに立てかけるだけで準備は完了。手持ちのスマートフォンで箱の壁面のQRコードを読み込んでマッピング用の映像にアクセスし、パッケージの上にセットすると、スマホに表示された映像がクリアプレートに反射して背後の東京駅とミックスして表示される仕組み。約8.5センチメートル四方の箱の中でプロジェクションマッピングを楽しめる。

photo フィギュア部分とクリアプレート
photo スマートフォンで再生した映像がプレートに反射する仕組み

 2作品の映像を制作した村松亮太郎監督は「巨大な建物の前で体験してもらうのが本当は一番臨場感があるが、どうしても物理的な部分で見てもらえる人に限界があり、もどかしかった。ハコビジョンでより多くの人に楽しさを知ってもらい、プロジェクションマッピングの現場に実際に足を運ぶきっかけになれば」と話す。

 第2弾は「機動戦士ガンダム」のキャラクターとのコラボ商品を来春以降に発売予定。上野和典社長は「独自開発の『ハコビジョン技術』によって、手のひらサイズでも本格的な、最先端の技術に触れられる商品になった。食玩分野の面白さ、フードエンタテイメントの領域をさらに開拓していきたい」と今後のラインナップの拡充にも意欲を見せた。

 ゲストとして登場した吉木りささん、かもめんたるさんも実際にハコビジョンを覗きこみながら「予想以上に小さい」「でも映像は鮮明で細かい」とくぎ付け。吉木さんは「実際に見ないと伝わらないかもしれませんが、かなり見応えがあります。恋人や家族、大切な人と楽しんでほしい」と話した。

photo 左から、かもめんたる(槙尾ユウスケさん、岩崎う大さん)、吉木りささん、上野和典社長、村松亮太郎監督

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -