ニュース
» 2013年11月14日 17時26分 UPDATE

スマホに話しかけるだけで渋滞情報通知 ドコモとパイオニアが新サービス

スマートフォンに話しかけるだけで、渋滞情報や周辺情報などを教えてくれるクラウドベースのサービス「ドコモドライブネットインフォ」を、ドコモとパイオニアが共同開発した。

[ITmedia]

 NTTドコモとパイオニアは11月14日、スマートフォンに話しかけるだけで、渋滞情報や周辺情報などを教えてくれるクラウドベースのサービス「ドコモドライブネットインフォ」を共同開発したと発表した。

 2013〜2014冬春モデルスマートフォンの一部機種で対応。12月中旬からドコモのサービスとして提供し、Google Playかdマーケットでアプリをダウンロードすれば無料で利用できる。

画像
画像

 「しゃべってコンシェル」の音声意図解釈技術と音声合成技術を活用し、スマートフォンに話しかけるだけで、渋滞情報をスマートフォン画面上に通知したり、周辺情報やスケジュール、最新ニュースを確認したり、電話の発信やSMSの送受信、音楽の再生などができる。

 パイオニアが開発したクラウド基盤「モバイルテレマティクスセンター」を活用。「地図エンジン」「クラウドナビエンジン」、各種ビッグデータを解析処理する「運転状況把握エンジン」を搭載した基盤で、パイオニア製車載機器から蓄積したデータに加え、今後、スマートフォンから収集した走行データを解析することで、より鮮度の高いきめ細かな情報を配信できるという。

 車内で同サービスを快適に利用するための車載ホルダ「スマートフォンホルダ01」(4830円)も開発。付属するハンドル取付リモコンで、簡単に対応アプリの音声操作が可能になるという。GPSレシーバー、ジャイロセンサー、加速度センサーを搭載した「カーナビ用センサーユニット01」(8925円)も別売りで発売する。

 ドコモはパイオニアに資本参加しており、パイオニア発行済み株式の約7%を保有する3位株主。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -