ニュース
» 2013年11月21日 07時27分 UPDATE

「Google Wallet Card」、米国で提供開始

Googleの決済サービス「Google Wallet」と連動するデビットカードが米国で登場した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月20日(現地時間)、決済サービス「Google Wallet」と連動する物理的なカード「Google Wallet Card」の米国での提供を開始した。

 wallet

 Google Walletは、Googleアカウントで管理できる決済サービス。日本ではオンライン決済にのみ利用できるが、米国ではAndroidアプリとNFC(近距離無線通信)によるモバイル決済にも対応している。

 新カードは、MasterCard Debitに対応するショップの店頭や銀行での支払い、ATMからの現金引き出しに利用できる。これにより、Androidアプリでの決済に対応していないショップでもGoogle Walletで支払えるようになる。

 カードの作成は無料で、年会費は掛からない。同カードで1日に支払える額には5000ドルという上限が設定されている。

 Google Walletと連動するカードについては、米4大カード(MasterCard、Visa、American Express、Discover)を登録して機能を1枚にまとめられるといううわさがあったが、少なくともスタート時点ではGoogle Walletとのみ連動するデビットカードになった。

 カード情報を1枚にまとめられるサービスは、新興企業Coinが米国で来年夏にスタートする見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -