ニュース
» 2013年12月05日 09時29分 UPDATE

Googleのルービン氏、「次のムーンショットはロボット」──New York Times報道

3月にAndroidの責任者を退いたアンディ・ルービン氏は現在「Google X」でロボティクスのプロジェクトを率いており、将来は部品組み立てや配送用のロボットを販売する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleの次の“ムーンショット”はロボット──。Googleの幹部らがそう認めたと、米New York Timesが12月4日付の記事で報じた。

 この記事によると、同社はここ半年で、日本のヒト型ロボットメーカーSCHAFTを含む7社のロボティクス関連の企業を買収しており、このプロジェクトの製品発売は米Amazon.comが先日発表したドローンによる配送サービス「Amazon Prime Air」よりも実現性が高いという。同社はまた、3月にニューラルネットワーク研究のDNNresearchも買収している。

 shaft SCHAFTのヒト型ロボット。二足歩行が可能で「安定した移動力を活かして従来人が行っていた3K作業を代替するロボットしての応用を目指す」

 このプロジェクトを率いるのは、3月にAndroid責任者を退いたアンディ・ルービン氏。10年以上ロボティクスの商業利用の可能性を考えてきた同氏は、Googleの共同創業者であるラリー・ペイジCEOとGoogle Xの責任者でもあるサーゲイ・ブリン氏を説得し、ロボティクスプロジェクトのゴーサインを獲得したとNew York Timesに語った。

 ペイジCEOは自身のGoogle+でこの記事を紹介し、「アンディ・ルービンの次のプロジェクトに興奮している。(中略)このプロジェクトはまだごく初期段階だが、進捗が待ちきれない」と語った。

 このロボットは、少なくとも立ち上げ段階では一般ユーザー向けではなく、エレクトロニクス組み立てなどの製造業や、Amazonと競合する物流向けになるという。

 ルービン氏は、ソフトウェアやセンサー技術ではまだブレークスルーが必要だと認めながら、移動やアームや手の動きなどのハードウェア的な問題は既に解決できていると語った。

 将来的にはGoogleの無人運転カーに乗ったロボットが顧客のドアまで荷物を届けるといったことが実現するかもしれない。

 rubin

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -