ニュース
» 2013年12月05日 18時14分 UPDATE

Microsoftもサービス暗号化強化を発表──「政府による違法アクセスはAPT攻撃」

Microsoftは2014年末までに、Outlook.com、Office 365、SkyDrive、Windows Azureなどのユーザーデータを高度な暗号化で保護する取り組みを完了させると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは12月4日(現地時間)、政府によるインターネットデータへの違法アクセスに関する多数の報道を受け、同社のサービスの暗号化、ユーザーデータの法的保護、コードの透明化に取り組むと発表した。

 法務担当上級副社長、ブラッド・スミス氏は公式ブログで、もし一連の報道が真実であれば、「政府によるスパイ行為は“APT攻撃(特定のターゲットに対して執拗なスパイ行為を行うサイバー攻撃)”だ」と語った。

 暗号化強化の対象となるのはOutlook.com、Office 365、SkyDrive、Windows Azureなどで、ユーザーとMicrosoft間、データセンター間のみならず、メールプロバイダーなど外部サービスとも協力し、すべてのデータをForward Secrecyや2048ビットSSLなどの高度な技術で暗号化するという。

 Azure上に構築された顧客のサービスの暗号化については顧客に選択を任せるが、暗号化ツールを提供する。

 幾つかの取り組みは直ちに行い、2014年末までに完了させるとしている。

 既にGoogle、Yahoo!Twitterなどの米IT大手が同様の発表を行っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -