ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2013年12月20日 10時21分 UPDATE

Facebook、7000万株の自社株売却を発表

20日にS&P500銘柄に採用されるFacebookが、7000万株のクラスA株売却を発表した。ザッカーバーグCEOはクラスB株を取得するため、議決権はほとんど変わらない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは12月19日(現地時間)、自社のクラスA普通株7000万株を売却すると発表した。18日の終値(55.57ドル)で換算すると、約39億ドルに相当する。

 face

 その内訳は、マーク・ザッカーバーグCEOが4135万株、Facebookが2700万4761株、取締役を務めるマーク・アンドリーセン氏が164万5239株。

 ザッカーバーグ氏は売却益を、ストックオプションで獲得するクラスB普通株6000万株の税金の支払いに充てる計画という。クラスA株の議決権は1だが、クラスB株の議決権は10だ。同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した文書によると、ザッカーバーグ氏の売却後の議決権は58.8%から56.1%に減る。

 Facebookは、売却益の具体的な使用目的はないが、企業買収などに使うとしている。

 Facebookはまた、同社のクラスA普通株が12月20日にS&P500種株価指数の構成銘柄に採用されることも発表した。S&P500は米投資情報企業のStandard & Poor'sが算出する株価指数。米国の全主要業種を代表する500企業の1社と認められたことを意味する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.