ニュース
» 2014年01月07日 07時44分 UPDATE

2014 International CES:スマートウォッチ「Pebble」にステンレス製の高級モデル アプリストアも開設

昨年のCESでデビューしたスマートウォッチ「Pebble」が、249ドルのステンレス製「Pebble Steel」とアプリストアの開設を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Pebble Technologyは1月6日(現地時間)、スマートウォッチ「Pebble」の新モデル「Pebble Steel」を2014 International CESで発表した。同日オンラインショップで発売した。価格は249ドル。150ドルの従来モデルも販売を続ける。

 pebble 1

 Pebbleは、プロセッサにARM Cortex-M3を採用し、ディスプレイは144×168ピクセルのモノクロe-paper(バックライト付き)。物理的な4つのボタンを備え、バイブレーション機能を持つ。iPhoneおよびAndroidとはBluetoothで連係する。バッテリーはUSB経由で充電でき、1週間持続する。

 pebble 2 Pebble(左)とPebble Steel(右)

 Pebble SteelはスペックはPebbleと同じで従来のアプリを利用できる。ベルト部分がステンレス製になっている他、モノクロe-paperのディスプレイは米CorningのGorilla Glassで保護されている。充電レベルを示すLEDが3色になった。具体的なサイズは不明だが、Pebbleより小さく、薄くなったという。色はBrushed Stainless(銀)とBlack Matte(つや消しの黒)の2色。オリジナルのPebbleと同様に防水(5atm)だ。

 また、サードパーティー製アプリのためのアプリストア「Pebble appstore」を1月末までに開設することを発表した。ユーザーはiOSあるいはAndroid端末のPebbleアプリ内からアプリストアに接続し、カテゴリ別のアプリを探したり検索し、ダウンロードできる。従来はサードパーティーのWebサイトに探しに行く必要があった。それでもこれまでに約300万本のアプリや文字盤がダウンロードされたという。

 pebble 3

 さらに、Pandora、ESPN、Mercedes-Benzがパートナーに加わったことも発表した。

 Kickstarterで立ち上げられたPebbleは昨年のCESでのデモの後、1月に一般向けに発売された。累計販売台数は30万台以上という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -