ニュース
» 2014年01月14日 08時12分 UPDATE

Google、“iPodの父”のスマートホーム企業Nestを32億ドルで買収

Googleが、家庭向けの温度調節器や煙感知器などのスマートホーム製品を販売する元Appleのエンジニア、トニー・ファデル氏の新興企業Nestを買収する。Nestは買収完了後も独立した子会社として存続する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月13日(現地時間)、人工知能搭載サーモスタット(自動温度調節器)で知られるNest Labsを買収することで合意に達したと発表した。買収は現金で行われ、総額は32億ドル。取引は数カ月中に完了する見込みという。

 Nest Labsは、“iPodの父”と呼ばれる元Apple上級副社長のトニー・ファデル氏がAppleの同僚マット・ロジャース氏と共同で2010年に創業した従業員約300人の非公開企業。「コンシャスホーム(知覚反応のある家)」というビジョンを掲げている。2011年に発表した家庭用サーモスタット「Nest Learning Thermostat」(Nest)で注目を集めた。昨年には煙感知器「Protect」を発表した。

 nest 1 NestとProtect

 買収完了後もNest Labsは独立した子会社としてファデル氏が経営する。Q&Aによると、NestのブランドやAppleのiOSアプリのサポートを含む現行製品の扱いはこの買収の影響を受けないという。

 Googleのラリー・ペイジCEOは発表文で「(この買収により)より多くの国々のより多くの家庭に素晴らしい体験を提供できるようになることを楽しみにしている」と語った。

 ロジャース氏は「まだ具体的な話はできないが、GoogleとNestが協力すれば多数のクールな製品を作り出せると確信している」と語った。

 nest 2 左から、Nestのマット・ロジャース副社長、Googleのラリー・ペイジCEO、Nestのトニー・ファデルCEO

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -