ニュース
» 2014年01月15日 15時57分 UPDATE

Twitter、メールアドレスやユーザーIDベースのターゲティング広告を発表

Twitterの広告主は、ユーザーIDの公開情報で「ファッションに詳しくて多数のフォロワーがいるユーザー」などに絞り込んでプロモツイートを表示できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは1月14日(現地時間)、広告主向けに、ユーザーのメールアドレスやユーザーIDでプロモツイートの表示相手をターゲティングできるサービスを発表した。

 同社は昨年7月には、顧客のWebサイトのクッキーIDに基づくターゲティング広告を発表している。

 新サービスでは、顧客企業は自社のCRMデータベース上のターゲティングしたいユーザーのメールアドレスを抽出し、暗号化したものをTwitterに提供することで、ターゲティングユーザーのタイムラインにプロモツイートを表示できる。例えば購入金額の高いユーザーのみにスペシャル割引キャンペーンのプロモツイートを表示するといった使い方ができる。

 TwitterのユーザーIDを利用するターゲティング広告は、公開されているユーザープロフィールやフォロワー数、過去のツイートに基づいてターゲティング相手を設定できる。ユーザーリストはTwitterあるいはTwitterのAPIを通じて入手する。Twitterは利用例として、アパレルメーカーが、プロフィールにファッション用語が入っており、かつフォロワーの多いユーザーにキャンペーンツイートを表示するとい使い方を紹介している。

 twitter CRMアプローチとユーザーIDアプローチの説明

 これらのターゲティングは逆にもできる。つまり、CRMデータベース上にあるメールアドレス以外のユーザー、設定したユーザーID以外のユーザーにプロモツイートを表示することも可能だ。例えば、新規顧客獲得のためのキャンペーンであれば、既存顧客以外にプロモツイートを表示できる。

 こうしたターゲティングの対象になりたくないユーザーは、アカウント設定の「セキュリティとプライバシー」で「プロモコンテンツ」のチェックを外しておけばいい。

 twitter 2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -