ニュース
» 2014年01月16日 13時18分 UPDATE

Microsoft、「Windows XP」のマルウェア対策更新を2015年7月14日まで延長

Windows XPのサポートは予定通り4月8日に終了するが、Microsoft Security Essentialsなどの定義ファイルおよびエンジンに関する更新プログラムの提供は2015年7月14日まで延長になった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは1月15日(現地時間)、4月8日にサポートを終了する「Windows XP」のマルウェア対策ソフトの定義ファイルおよびエンジンに関する更新プログラムの提供を2015年7月14日まで延長すると発表した。サポートの終了予定は変わらない。

 企業顧客の場合はSystem Center Endpoint Protection、Forefront Client Security、Forefront Endpoint Protection、Windows Intuneが、一般ユーザーの場合はMicrosoft Security Essentialsが対象になる。

 同社は、この延長は企業などの組織がOSの移行を完了することを助けるためであるが、サポート対象外のOSにおけるマルウェア対策の効果は限定的であるため、迅速に移行するよう推奨している。

変更履歴:公式ブログ(原文)の「updates to our antimalware signatures」を「マルウェア対策の署名更新」としていましたが、日本語の公式ブログに合わせて修正しました。[2014/1/17 5:30]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -