ニュース
» 2014年01月22日 13時34分 UPDATE

サンフランシスコ市交通局、Googleなどの社員バス規制案を可決

サンフランシスコ市からシリコンバレーに通勤するGoogleやAppleなどの従業員向け無料シャトルバスが地元住民から敵視されている問題で、市交通局はシャトルバスによる市のバス停利用を有料にするなどの規制案を可決した。7月からパイロットプログラムを実施する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleや米Appleなどがサンフランシスコ市で社員の通勤のために運行している無料シャトルバスが地域住民から敵視されている問題で、市交通局(SFMTA)の取締役会は1月21日(現地時間)、市政府やGoogleなどの関連企業がまとめた規制案を満場一致で可決した。

 この問題は、シリコンバレーに通勤するIT企業の従業員がサンフランシスコ市に流入した結果、家賃や物価が高騰したとして地域住民が反発したことに端を発した。こうした従業員のための無料シャトルバスは格差社会の象徴と見なされ、バスの運行を妨害するデモ行為などがエスカレートしている。

 これを受け、エド・リー市長は6日に、無料シャトルバスを運行するGenentech、Google、Apple、Facebook、Bauerらとともに合意した規制案(リンク先はPDF)を発表した。

 この規制案は、無料シャトルバスの市の交通への影響を最小限にすることが目的で、無料シャトルバスが市の停留所に1回停車するごとに1ドルを徴収することなどが含まれる。まずは7月から18カ月、パイロットプログラムとして実施する計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -