ニュース
» 2014年01月28日 20時35分 UPDATE

“手のひらサイズのThinkPad”も──「進化に真剣に取り組んだ」新ThinkPad 3機種

レノボ・ジャパンは、8インチWindowsタブレット「ThinkPad 8」を含むThinkPadの新製品3機種を発表した。

[山崎春奈,ITmedia]

 レノボ・ジャパンは1月28日、「ThinkPad」ブランドの新製品として、8インチWindowsタブレット「ThinkPad 8」、世界最軽量の14インチUltrabook「ThinkPad X1 Carbon」、タブレットとしても利用できる「ThinkPad Yoga」の3機種を発売した。個人向けには1月29日から(「ThinkPad 8」のみ31日から)販売を開始する。

photo ThinkPad 8
photo レンズ部分のカバーを折り曲げるだけでカメラが即座に起動

 「ThinkPad 8」はWindows 8.1/8.1 Proを搭載したタブレット。“手のひらに入るThinkPad”として、CPUにはクアッドコア Atom Z3770/1.46GHz、ディスプレイには8.3インチWUXGA(1920×1200ピクセル)液晶パネルを採用し、PC並みのスペックを確保。堅牢性や企業インフラへの組み込みの容易さを売りに、マイクロHDMIやマイクロUSB3.0対応ポートも備え、ビジネスニーズに訴求していく。実売予想価格は5万9000円から。

 Bluetoothキーボードやプロテクターなどオプションアイテムも充実。専用カバーは、レンズを覆う部分を折り曲げるだけでカメラアプリが自動的に起動し、即座に撮影できるクイックショット機能を持たせた。

 フラッグシップモデル「ThinkPad X1 Carbon」は、前モデルより解像度が向上したWQHD(2560×1440ピクセル)IPS液晶ディスプレイを採用。14インチのUltrabookとしては世界最軽量の約1.28キロ、約14時間の長時間バッテリー駆動も実現し、よりモビリティを高めた。実売予想価格は22万3000円から。

photo ThinkPad X1 Carbon
photo 起動しているアプリに合わせてファンクションキーが変化

 新開発のAdaptiveキーボードでは、ファンクションキー列がタッチパネル式になった。約40種類の機能の中から、起動中のアプリや現在の作業に合わせ、表示されるアイコンがインタラクティブに変化する。画面回転やカメラの立ち上げ、新規タブの作成などをショートカットキーを使わずに直感的にワンタッチで使用できる。

 ノートPCとしてもタブレットとしても利用出来る2in1 モデルの「ThinkPad Yoga」はキーボード部分が進化。液晶を360度回転させ、タブレットモードにするとフレームが持ち上がり、文字キーやトラックポイントの凹凸がフラットになる「Lift’n’ Lockキーボード」を新たに開発・搭載し、キーを傷つけることなくデスクに置いたり持ち歩くことが可能になった。実売予想価格は12万7000円から。

photo ThinkPad Yoga
photo タブレットモードにするとキーボードがフラットに

 法人向けThinkPadの売り上げは好調で、過去2年で出荷台数は21%増加しているという。製品事業部の土居憲太郎さんは、ダーウィンの「進化論」を下敷きに、「唯一生き残ることができるのは変化できるモノである」と宣言。「これまでの支持に甘んじず、ワークスタイルの変化や実際にオフィスで利用するエンドユーザーのニーズを汲みつつ、時代にあった製品を提案し続けたい。今回の新製品でも進化に真剣に取り組む姿勢は感じてもらえると思う」と自信を見せた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -