ニュース
» 2014年01月30日 19時57分 UPDATE

着るだけで心拍数を測定できる機能素材「hitoe」、東レとNTTが開発 ドコモが年内に商品化

着るだけで心拍数などの体内データを測定できる新素材「hitoe」を東レとNTTが開発した。年内にNTTドコモがインナーウェアとして製品化する予定。

[ITmedia]

 東レとNTT(持ち株会社)は1月30日、着るだけで心拍数や心電波形などの生体情報を計測できる機能素材「hitoe」を開発したと発表した。NTTドコモが年内に、同素材を使った生体情報計測用インナーウェアと計測データを利用するスマホ向けサービスを、提供する予定という。

photo 製品化のイメージ

 「hitoe」はナノファイバー生地に高導電性樹脂を特殊コーティングし、生体信号を高精度で検出できる上、耐久性に優れるという機能素材。液晶ディスプレイなどにも使用される導電性高分子「PEDOT-PSS」による導電性布技術をベースに、配線材料や発汗・汗によるショート防止構造、ノイズ低減、違和感を減らしたコネクタの配置など、必要要素を高い技術レベルで統合しているという。

 インナーウェアとして着用することで、心拍数や心電波形を日常生活の中で連続的にトラッキングできる。配線はウェアに一体化されているため、洗濯して繰り返し利用可能という。スポーツのパフォーマンス向上や生活習慣の見直しなどに役立てられるという。 

 同素材を利用したウェアラブル製品を年内にNTTドコモが発売する予定。子会社ドコモ・ヘルスケアが運営する健康プラットフォーム事業「WM」(わたしムーヴ)との連携など、スポーツや健康増進などの分野で利活用に取り組んでいくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -