ニュース
» 2014年01月31日 14時20分 UPDATE

米Yahoo!メールに不正アクセスの試み サードパーティーからのデータ流出が原因か

米Yahoo!メールに不正アクセスが試みられたとしてYahoo!がユーザーにパスワード変更を呼び掛けている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Yahoo!は1月30日(現地時間)、一部のメールユーザーのアカウントに不正アクセスを試みた痕跡があったとし、該当するユーザーにパスワード変更を促すメールを送ったと発表した。対象ユーザーの規模などは公表していない。

 進行中の調査で、攻撃にはサードパーティーのデータベースから盗んだユーザー名とパスワードのリストが利用されたことが明らかになったという。このリストを使ったマルウェアで攻撃が試みられたとしている。

 同社は対策として影響を受けたユーザーにメールを送った他、アカウント保護のためにサインインで第2認証システムを使うようにし、また、システムへの攻撃を防御するための対策を強化した。

 Yahoo!はユーザーに対し、パスワードを定期的に変更し、複数のサービスで同じパスワードを使い回さないよう呼び掛けた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -