ニュース
» 2014年02月12日 17時26分 UPDATE

目標の日本語コンテンツ20万冊は達成 Kobo、1万円台のAndroidタブレット「Kobo Arc 7」発売

目標に掲げていた日本語コンテンツ20万冊を超えたKoboが、1万4800円の7インチAndroidタブレット「Kobo Arc 7」を発表した。

[山崎春奈,ITmedia]

 楽天子会社のカナダKoboは2月12日、7インチAndroidタブレットの新機種「Kobo Arc 7」の国内発売を始めた。エントリーモデルとしての普及を狙い、価格は1万4800円(税込)。Koboでの日本語コンテンツの取扱点数は20万冊を超え、1人当たりの購買数も増えているという。

photo Kobo Arc 7

 昨年11月に投入した「Kobo Arc 7HD」の廉価版で、初めてタブレットを使う人やファミリーで使うことを意識したエントリーモデルという。楽天Koboのストア、リーダーアプリに加え、GmailやSkype、Facebookなど日常的に利用するアプリを標準搭載した。OSはAndroid 4.2で、Google Playから自由にアプリをダウンロードし、汎用タブレットとしても利用できる。

photo コレクション機能。電子書籍、写真、WebサイトのURLなどを集約できる

 購入した電子書籍や写真、WebサイトのURLなど複数のコンテンツを横断的にまとめてフォルダで管理できる「コレクション」機能や、読書中にメールやSNSの通知をオフにする「リーディングモード」など、専用端末ならではの機能も搭載した。

 12年7月にサービスを開始したKoboは順調に規模を拡大しているという。販売額などの詳細は明らかにしていないが、今年1月の月間販売額は昨年比で6倍以上、ユーザー数は3倍以上に伸びたという。購入するユーザーの拡大に加え、1人当たりの購買数も増加しているといい、田中はる奈ブックス事業副事業部長は 「電子書籍を日常的に楽しむ人が増えている」と分析する。楽天ブックスでの書籍のEC販売額も微増するなど「紙・電子を問わずオンラインで書籍を購入する裾野自体が広がっているのでは」とみている。

 ソニーが北米で展開する電子書籍ストア「Reader Store」の閉鎖に伴い、購買データを「Kobo Store」が引き継ぐ。「国内、グローバル共にマーケット・リーダーの一角と自認している立場として、電書業界全体を盛り上げ、支えるためにできることをしていきたい。Koboが事業撤退することはまずない」と田中副事業部長はいう。

photo デスクトップアプリ。PCをよく使うユーザーだけでなく、出版社からも「動作検証がしやすくなった」と好評という

 サービス開始当初は「12年末までに」と目標に掲げていた日本語コンテンツ20万冊は、約1年遅れながら今年1月に達成した。月末に投入したデスクトップアプリも好評で、新たなユーザー層を獲得しているという。今後は(1)場所や端末を問わず読書できるマルチプラットフォーム戦略、(3)ベストセラーや話題の本だけでなく、ロングテールの商品も含めてユーザーが求める本を網羅、の2点を特に強化していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -