ニュース
» 2014年02月13日 11時28分 UPDATE

ChromebookでWindowsアプリ──GoogleとVMwareの提携で実現

Windows XPから移行できないでいる企業はChromebookと「VMware Horizon View」を導入することで安全かつ低コストでWindows XPの4月のサポート終了に対処できる、とGoogleがアピール。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月12日(現地時間)、米VMwareとの提携により、ChromebookでのWindowsアプリ利用を可能にしたと発表した。VMwareのDaaS(仮想デスクトップのクラウドサービス)「VMware Horizon View」がChrome OSに対応した。まずは企業向けのオンプレミスサービスとしてVMwareとその提携プロバイダーが提供する。

 ChromebookでVMware Horizon Viewを利用することで、ユーザーはクラウドサービスとしてWindowsのデスクトップ環境を利用できる。

 Googleは公式ブログで、「Windows XPのサポート終了が目前に迫る中、ChromebookでのDaaS環境を導入すれば、セキュリティの脆弱性やアプリケーションの互換性、新PC購入予算などの悩みは過去のものになる」と語った。

 Windows XPのサポートは4月に終了するが、米分析会社Net Applicationsによると、1月の世界のOS市場に占めるWindows XPのシェアは29%だった。

 米調査会社NPDによると、米国における2013年のノートPC販売台数調査で、Chromebookのシェアは21%だった。なお、Chromebookは現在、日本では販売されていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -