ニュース
» 2014年02月19日 07時34分 UPDATE

「キャンディークラッシュ」のメーカーが株式公開申請

2013年に最もダウンロードされたゲームの1つといわれる「Candy Crush Saga」のメーカー、英KingがNYSEにIPOを申請した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 iPhoneおよびAndroid端末向けカジュアルゲーム「Candy Crush Saga(日本ではキャンディークラッシュ)」が人気の英ゲームメーカーのKing Digital Entertainmentは2月18日(現地時間)、株式公開申請文書「F-1」を米証券取引委員会(SEC)に提出したと発表した。

 最大で5億ドルを調達する計画。上場先はニューヨーク証券取引所(NYSE)で、ティッカーシンボルは「KING」だ。

 同社の大ヒット無料ゲーム、キャンディークラッシュは2012年にまずFacebookで公開され、その後iPhoneおよびAndroid版が公開された。2013年3月に日本語化されている。1日当たり9300万人がこのゲームをプレイしているという。

 candy Google Playのページ

 カラフルなキャンディーを並べて消すいわゆる「マッチパズル」で、有料の「スペシャルキャンディー」のゲーム内販売で収益を上げている。提出文書によると、Kingの2013年の売上高は18億8000万ドルで純利益は5億6800万ドル。

 同社はキャンディークラッシュ以外にもゲームを公開しているが、売上高の78%はキャンディークラッシュによるものだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -