ニュース
» 2014年02月19日 16時06分 UPDATE

iOSアプリ連係のジュエリー型端末登場 まずはアラート機能を搭載

武骨な腕時計型ではなく、ファッショナブルなジュエリータイプのウェアラブル端末が登場。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米新興企業のCuffは2月18日(現地時間)、iOSで制御するジュエリー型端末「Cuff」の予約受付を開始した。ブレスレットやネックレスのボタンを長押しすると、あらかじめネットワークに登録してあるメンバーに位置情報付きで援助を求めるアラートを送信できる。

 cuff 1

 Cuffは、CuffLincというBluetooth対応、GPS搭載のトラッキング端末とそれをセットするジュエリー、iOSアプリ「Cuff App」で構成される。Cuff Appで連絡したいメンバーを登録し、CuffLincをiOS端末とBluetoothで接続して利用する。メンバーもCuffを持っていればアラートは振動として届く。Cuffを持っていなくても、Cuff Appでアラートを受信できる。Cuff Appを開くと、誰がどこからアラートを発したのかが表示される。

 cuff2

 予約開始の段階では9種類のジュエリーが用意されている。男性も身につけられるキーチェーンもある。CuffLincは30ドルで、ジュエリーは50〜150ドル。予約段階ではCuffLincは無料だ。1つのCuffLincは複数のジュエリーで流用できる。ジュエリーのデザインは同社創業者のディーパ・ソード氏が自ら手掛けた。同氏は高級インテリアショップRestoration Hardwareで商品開発担当幹部の経験を持つ。

 cuff3

 「Cuffはオタクっぽくなくシックで、身につけたくなるエレガントなアクセサリーだ」とソードCEOは説明する。

 まずはアラート機能しかないが、今後機能を追加していくという。また、CuffLincを他のファッション企業やデザイナーにライセンスする計画だ。

 Cuffは米、カナダ、EU諸国、オーストラリア、ニュージーランドから購入できる。将来的には販売地域を拡大する見込み。出荷は今秋の予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -