ニュース
» 2014年02月21日 15時47分 UPDATE

Googleマップ利用の森林破壊監視ツール「Global Forest Watch」

Googleの地図関連技術を採用した世界の森林の状況を視覚的に把握し、分析できるWebサイト「Global Forest Watch」が公開された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米環境問題シンクタンクのWorld Resources Institute(WRI)は2月20日(現地時間)、世界の森林の状況をモニタリングできるツール「Global Forrest Watch」を公開した。

 gfw 1

 このWebサービスは、米Googleや国連環境計画国際環境技術センター(UNEP)など、40以上の団体の協力で成立している。Google Maps EngineとGoogle Earth Engineをベースにした地図上で、NASAの衛星データなどを含む様々な組織が提供するデータに基づく情報を表示・分析できる。

 例えば世界の森林の減少が増加を大きく上回っていることが視覚的に分かる。メリーランド大学とGoogleのデータによると、2000〜2012年に失われた森林は5億エーカー(約20億平方キロ)以上という。一方、同じ期間に植林などで増加した森林はわずか80平方キロだった。

 gfw 2 左の赤い部分が森林減少地域、右の青い部分が増加地域

 このツールは、Webブラウザで誰でも利用できる。利用方法の説明動画を以下に添付した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -