ニュース
» 2014年02月24日 06時38分 UPDATE

Windows 8.1、春のアップデートで非タッチ対応PCのUI改善へ

Microsoftが春に予定しているWindows 8.1の次期アップデートは、古いPCのユーザーや上位互換性のない自前アプリを使う企業などのWindows 8.1への移行を促進することに重点が置かれているようだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 joe Windows PhoneとWindows 8に従事するジョー・ベルフィオーレ副社長

 米Microsoftは2月23日(現地時間)、スペインのバルセロナで24日から開催されるMobile World Congress(MWC)の会場で、Windows 8.1の次期アップデートについて説明した。

 同社でスマートフォン/タブレット/PCの担当副社長を務めるジョー・ベルフィオーレ氏によると、Windows 8.1の次期アップデートは“春”に予定しているという。同氏はWindows Phone 8についても発表した(別記事にまとめました)。

 同社は4月2日から年次開発者会議「BUILD 2014」を開催する予定だ。

 このアップデートの主なポイントは以下の3つ。

  • ユーザー向け:タッチとデスクトップのユーザーインタフェース(UI)のギャップを減らし、タッチUIに対応しない従来のキーボードとマウスを使うPCでのユーザー体験を改善する
  • OEMパートナー向け:低価格PCの製造を可能にする
  • 企業ユーザー向け:Internet Explorer(IE)の8と11の互換性の改善とモバイル端末管理機能の強化

 企業ユーザー向けでは、Windows Phoneでも春に予定している次期アップデートでVPNとS/MIMEへの対応や認証管理システムの強化を実施するという。

 Windows 8.1の次期アップデートは、古いPCのユーザーや上位互換性のない自前アプリを使う企業などのWindows 8.1への移行を促進することに重点が置かれているようだ。

 米分析会社Net Applicationsによると、1月における世界OS市場のバージョン別シェアで、Windows 8.1は3.95%でようやくWindows Vistaを超え、Windows 8と合わせても10.58%だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -