ニュース
» 2014年02月24日 18時14分 UPDATE

パナソニック「TOUGHPAD」に5インチモデル 防塵・防水・耐落下で屋外作業も安心

パナソニックは法人向けタブレット「TOUGHPAD」シリーズの新製品として、5インチモデル2機種を発表した。音声通話に対応し、屋外の過酷な環境でも使える堅牢性が売りだ。

[山崎春奈,ITmedia]

 パナソニックは2月24日、法人向けタブレット「TOUGHPAD」シリーズの新製品として、音声通話可能な5インチタブレット「FZ-E1」(Windows Embedded 8 Handheld搭載)、「FZ-X1」(Android搭載)を今夏発売すると発表した。それぞれ6月下旬、8月下旬の発売を予定し、実売予想価格は約13万円。

photo 「FZ-E1」。ガッチリした見た目のボディは厚さは31ミリ、重さは約430グラム

 シリーズで初めてLTE/3Gの音声通話に対応。従来品より小型の5インチモデルで、スマートフォンのように利用できる。電気、ガス、水道など屋外作業に適した堅牢性が特徴。厳しい環境でも活用できるよう、3メートルの高さからの落下にも耐える耐落下・衝撃性能、防塵・防水機能を備え、−20〜60度まで動作可能だ。

photo 水に沈めても大丈夫
photo 上部にはバーコードリーダー。暗所でも使えるようライト付き

photo 背面にはカメラ
photo 救急や消防の現場で動画を撮りながら現場で作業するなども想定

 手袋を付けた状態でも操作できるタッチパネル、雨や水滴での誤動作を防ぐ独自の「水滴誤動作防止機能」も搭載する。バッテリーは6200mAhと大容量で連続駆動時間は約14時間となっている。

 全36種類を読み取れるバーコードリーダーを搭載し、運送・物流や小売、製造業での活用も見込む。OSは、Windows Embedded 8 HandheldとAndroidの2種類から選択でき、自社のシステムなどを組み込むことで携帯電話と専用端末の2台持ちを解消できるとうたう。

 同社AVCネットワークス社の宮部義幸社長は「個人向けのスマートフォンの開発は“休止”したが、法人向けはまた別の開発プロセス・販路と考えている。無線通信技術や品質の高さ、小型化の技術やノウハウを生かし、規模を追求するのではなく、1社1社のお客様の要望に緻密に応えていく」と戦略を話した。

 「Windows Embedded 8 Handheld」は、音声通話など基本的なシステムを残しつつ、拡張の自由度の高いスマートデバイス向けのOSで、ライセンスを利用できるパートナーシップを結んだのは、パナソニックが世界で5社目。日本企業では初めてという。

 日本マイクロソフトの樋口泰行社長は「Officeをはじめとする当社のソフトウェアや、法人向けシステムとの連携もしやすい。OS自体をマイクロソフトが責任を持って管理しアップデートしていくことで、セキュリティ面やクオリティでも安心して使ってもらえるはず」と法人向け端末との親和性を強調した。

photo AVCネットワークス社 原田秀昭ITプロダクツ事業部長、日本マイクロソフト樋口泰行社長、AVCネットワークス社 宮部義幸社長(左から)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -