ニュース
» 2014年02月25日 20時38分 UPDATE

ビットコインのMt.Goxがアクセス不能──大手6社が共同声明

2月7日から引き出しを停止していた東京のビットコイン取引所、Mt.GoxのWebサイトがアクセスできなくなっている。米Coinbase他5社は24日、これはMt.Gox1社の問題で、ビットコイン産業は安全だという共同声明を発表した。【UPDATE】

[佐藤由紀子,ITmedia]

 2月7日からビットコインの引き出しを停止していた取引所のMt.Gox(マウントゴックス)のWebサイトが日本時間の25日午後3時半ごろからアクセス不能になっている。URLを入力するとブランクページが表示される。

 gox 日本時間の25日午後7時のアクセス結果

【UPDATE】日本時間の26日午前4時ごろ、Mt.GoxのWebサイトに「Mt.Goxの運営と市場に関する最近の報道とその影響を考慮し、サイトと顧客を守るために当面すべての取引を停止することを決定しました。状況を詳細に監視し、対処します」というメッセージが掲載された。

 gox 2

 Mt.Goxのサイトがアクセス不能になる前、ビットコインウォレットの米Coinbaseが公式ブログで関連企業5社との共同声明を発表した。

 「Mt.Goxに関する共同声明」と題したこの発表文には「Mt.Goxがユーザーの信頼を裏切ったのは、Mt.Goxという1社だけの行為の結果であり、ビットコインの復活力や価値、デジタル通貨業界には影響しない」とし、Coinbase、Kraken、BitStamp、Blockchain.info、Circle、BTC Chinaの6社は「Mt.Goxの失敗で失われてしまったビットコインへの信頼を回復するために、共同でビットコインの将来と顧客のファンドの安全を守る」と宣言した。

 その一環として、6社は向こう数日中に顧客のすべてのファンドが安全に運営されていることを説明するという。

 Mt.Goxは7日に「技術的な問題から」引き出しを停止し、17日に「間もなく」引き出しを再開すると発表していた。米Reutersによると、少なくとも3カ所のオンライン取引所がサイバー攻撃を受け、停止したが、Mt.Gox以外はその後復旧した。

 Mt.Goxは2月23日にBitcoin Foundationから脱会している。

 声明文にはMt.Goxの現状については説明はなく、「どんな産業にもいえることだが、黎明期には必ず駆逐すべきトラブルメーカーがいるものだ。Mt.Goxはビットコインコミュニティーのメンバーとの非公式な討議で問題を認めた」とのみ書かれている。

 ScribdにリークされたMt.Goxの文書によると、過去数年の間に74万4408のビットコインが盗まれていた。Coinbaseによる本稿執筆現在のレート(1ビットコイン=5万1914.44円)で換算すると約390億円に上る。

変更履歴:記事内の盗まれたビットコインの円換算結果が間違っておりました。お詫びして訂正したします。[2014/2/26 12:00]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -