ニュース
» 2014年02月27日 08時28分 UPDATE

ビットコイン取引停止のMt.Goxを日米政府が調査 「解決に取り組んでいる」とCEO

ビットコイン取引停止中のMt.Goxを日米政府当局が調査する中、同社CEOがWebサイトに署名入りで「問題解決に取り組んでいる」というメッセージを掲載した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 「まだ日本にいて、関連企業のサポートを得て問題解決に向けて懸命に働いている」──。取引停止中のビットコイン取引所Mt.Goxのマーク・カーペレスCEOが2月26日、Webサイトでこう語った。同社は東京に拠点を置く世界最大規模のビットコイン取引所だ。

 mtgox

 同日午前中、日本の菅義偉官房長官は記者会見でこの件について、「個別の取引事案なので政府としてのコメントは差し控えたいが、実態については関係省庁で調査している。実態を把握した上で必要があれば、そこは対応することになる。現時点では情報収集の段階だ」と語った。

 米Reutersによると、米連邦捜査局もこの件を調査中という。また、米連邦検事がMt.Goxだけでなく、他のビットコイン関連企業に召喚状を送ったという。検察当局は、Mt.Goxを含む幾つかの取引所を停止に追い込んだとみられるサイバー攻撃への対処について調査しているとReutersは報じた。

 ビットコイン普及に取り組む非営利団体Bitcoin Foundationに加盟する6社は25日、Mt.Goxの取引停止はMt.Goxだけの問題であるという共同声明を発表した。カーペレスCEOは23日に同組織の取締役を辞任している。

 ビットコインウォレット企業RootElevenのCEOで、セキュリティ研究者でもあるアンドレアス・アントノポラス氏は自身のブログで、Mt.Goxは他社と異なり「blockchain」というシステムを採用していなかったのが問題発生の原因で、blockchainを採用している他社は今後も安全だと説明した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -