ニュース
» 2014年02月27日 14時53分 UPDATE

ワコム、マルチプラットフォームのデジタル手書きフレームワーク「WILL」を発表

ワコムが、iPhoneでもWindowsでも、Webブラウザでもアプリケーションでも入力・共有できるデジタル手書きの業界標準をめざすフレームワーク「WILL」を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ワコムは2月26日、デジタルな手書きデータをOSや端末を超えて共有するためのフレームワーク「WILL(Wacom Ink Layer Language)」を発表した。

 WILLは、ハードウェア、ソフトウェア、アプリケーションをつなぐ「インクエンジン」と「インクレイヤー」で構成され、パートナー企業は「WILL SDK」を利用して、対応する手書きツールやスケッチツールを構築できる。

 will 1

 WILLはワコム製スタイラスだけでなく、指やサードパーティー製スタイラスもサポートし、WILL採用製品による制作物はプラットフォームを超えて共有・編集できる。また、ネットワークを通じてのリアルタイムの共同描画にも対応する。

 will 2

 WILLではデータに認証システムを追加できるので、注文書へのデジタル手書き署名などにも利用できる。

 will 3

 ワコムはWebページでWILLのパートナー企業を募集している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -