ニュース
» 2014年03月06日 16時31分 UPDATE

ゲッティ イメージズ、非商用での埋め込み画像利用を解禁 3500万以上の写真が利用可能に

メディアやクリエーター向けコンテンツサービスのゲッティ イメージズが、非商用目的のWebサイトやブログ、Twitterなどに無料で画像を埋め込めるサービスを開始した。

[ITmedia]

 ゲッティ イメージズ ジャパンは3月6日、非商用目的に限り、無料でWebサイトやブログ、TwitterやFacebookなどのSNSの投稿に埋め込める新サービス「画像埋め込み機能」の提供を開始したと発表した。

 米Getty Imagesは画像、動画、音楽を含むデジタルコンテンツを世界100カ国以上で提供する世界最大級のデジタルコンテンツ企業。高品質のコンテンツを主にクリエーターやメディア企業を対象に有償で提供している。

 画像埋め込み機能は、ユーザー登録の必要なく誰でも利用できる。埋め込んだ画像をクリックするとゲッティ イメージズのWebサイトに飛ぶようになっている。非商用目的で多くのユーザーがコンテンツをシェアすることで商用目的の画像を探すユーザーの目に留まり、ライセンス収入の機会を増加させるのが目的という。

 この機能を利用するには、www.gettyimages.co.jpの「検索結果ページ」または「画像詳細ページ」で画像の上にマウスを重ね、画像埋め込みアイコン(</>)をクリックし、表示されるHTMLコードをコピーして貼り付けたいページにペーストする。

 getty 1
 getty 2

 埋め込まれた画像はgettyimages.co.jpサイト上でホスティングされており、埋め込まれたサイトでビューワー内のコンテンツとして表示される。ビューワーには、撮影者および画像コレクションの名前、www.gettyimages.co.jp上の画像ページへのリンクバックが含まれており、商業利用する場合は、そこでライセンスを購入する仕組みになっている。

 getty 3 Webページの埋め込み例

 ヘルプページによると、画像使用における制限は以下の通り。また、画像のサイズを変更することはできない。

  • 製品の販売/資金の調達/プロモーションや宣伝を目的とする商用使用
  • 中傷、ポルノ、その他違法となる使用
  • ゲッティ イメージズのイメージ詳細ページで定められた制限に違反する使用
  • 埋め込み機能の使い方以外での使用

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -