ニュース
» 2014年03月25日 13時16分 UPDATE

Quoraにオバマ大統領が降臨、認証アカウントもスタート

実名制Q&AコミュニティーのQuoraにバラク・オバマ大統領が参加し、オバマケアについて回答した。オバマ大統領の参加に合わせ、本人であることを証明する認証バッジ機能が追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 実名制Q&Aサイトの米Quoraは3月24日(現地時間)、回答者にバラク・オバマ米大統領を迎えたのに合わせ、認証アカウント制度を立ち上げたと発表した。

 Quoraは2010年に公開されたQ&Aコミュニティーサービス。実名での登録が原則になっており、ユーザーからの質問に回答できるユーザーが回答する。サービスについて質問すると、そのサービスの創業者が直接回答してくれることもあるなど、回答の質の高さに定評がある。

 オバマ大統領は、オバマケア(医療保険制度改革)についての質問に回答した。オバマ大統領のプロフィールにはTwitterFacebookの認証済みアカウントと同じような青いチェックマークのバッジが表示されている。

 quora

 認証済みアカウントについてのQ&Aによると、このバッジはQuoraが著名人と判断したユーザーに与えるもので、ユーザーからのリクエストは受け付けないという。

 本稿執筆現在、ミシェル・オバマ大統領夫人、ビズ・ストーン氏、ロバート・スコーブル氏、アシュトン・カッチャー氏などの著名なQuoraユーザーのプロフィールを確認したが、バッジはまだついていなかった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -