ニュース
» 2014年03月25日 14時21分 UPDATE

Mozillaの新CEOは共同創業者でJavaScriptの開発者、ブレンダン・アイク氏

ゲイリー・コバックス氏の退任後、空席だったMozillaのCEOに、JavaScriptの生みの親としても知られる共同創業者のブレンダン・アイク氏が就任した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Mozillaは3月24日(現地時間)、共同創業者でCTO(最高技術責任者)のブレンダン・アイク氏を新CEOに指名したと発表した。アイク氏は同日、CEOに就任する。

 brendan ブレンダン・アイク氏

 アイク氏は米Netscapeの従業員時代にJavaScriptを開発したことでも知られるベテランエンジニア。1998年にミッチェル・ベイカー氏とともにMozilla.orgを立ち上げ、2005年にCTOに就任した。

 前CEOのゲイリー・コバックス氏が昨年4月に退任した後、暫定的にCEOを務めてきたジェイ・サリバンCOO(最高執行責任者)は引き継ぎ後、Mozillaを去る。

 サリバン氏のCOO職は、Mozilla Chinaのリー・ゴン氏が引き継ぐ。ゴン氏は米Sun Microsystems、米Microsoftを経て2007年にMozilla入りした。中国と台湾のMozillaを立ち上げ、双方のCEOを務めた。今後はマウンテンビューに移り、COOとしてFirefox OSやエンジニアリング、モバイル端末、アプリストアなどを統括する。

 li リー・ゴン氏(昨年6月、FoxconnのFirefox OS参画発表時)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -