ニュース
» 2014年03月29日 08時33分 UPDATE

「Office for iPad」のアプリが各国App Storeで上位独占

米国のApp StoreではiPad向け無料アプリランキングの1〜4位をOfficeのアプリ「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」が占め、MicrosoftのナデラCEOは喜びのツイートを投稿した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftが3月27日(現地時間)に世界各国の米AppleのApp Storeでリリースした「Office for iPad」が好調だ。例えば本稿執筆現在、米国のApp Storeの全カテゴリの無料アプリランキング、プロダクティビティの無料アプリランキングで、1〜4位を「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」のOfficeアプリが独占している。

 lank 1 全カテゴリの無料アプリランキング
 lank 2 プロダクティビティアプリの無料アプリランキング

 フランス、ロシア、韓国、ジンバブエなど(国はランダムに選択)でもすべてのOfficeアプリがランキング上位を占めている。

 Microsoftのサティア・ナデラCEOは自身の公式Twitterでランキングの画像キャプチャーを添付したツイートで「iPadユーザーにとって生産的な金曜日になったようだ」と投稿した。

 Office for iPadは無料でダウンロードでき、MicrosoftアカウントでログインすればOfficeの文書を閲覧できる。Office 365に加入していれば、文書の新規作成・編集も可能だ。

 Office for iPad内からも消費者向け「Office 365 Home Premium」に加入できる。料金は月額9.99ドルあるいは年額99.99ドルだ。

 ナデラCEOはこのツイートの前に、Appleのティム・クックCEOからのアプリリリースを祝すメッセージに応じたツイートも投稿している

 なお、Microsoftは公式ブログでOffice for iPadは「日本市場ではこのタイミングでの提供は行わない」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -