ニュース
» 2014年04月02日 19時48分 UPDATE

「86」で走ったデータを「GT6」上に再現できる「ドライブロガー」、トヨタが発売

実際のスポーツカーでサーキットを走った走行データを「GT6」など対応アプリの画面上に再現できる機器「スポーツドライブロガー」をトヨタが発売する。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は、実際のスポーツカーでサーキットを走った走行データをUSBメモリに記録し、「グランツーリスモ6」(PlayStation 3用)など対応アプリの画面上に再現できる車載機器「スポーツドライブロガー」を6月2日に発売する。小型スポーツカー「86」(ハチロク)用オプションで、9万1800円(税込。取付費など諸費用含まず)。


画像 スポーツドライブロガーの作動スイッチ
画像 GT6のGPSビジュアライザ−

 専用のGPSからの位置情報と、アクセルペダルストローク、ステアリング舵角、ブレーキ操作信号、シフト操作信号、エンジン回転数、車速など車載ネットワーク(CAN)でとらえた走行データを内部メモリに記憶し、USBメモリに転送できる装置。

 GT6は対応アプリ第1弾で、4月7日のソフトウェアアップデート(1.06)で追加される「GPSビジュアライザー」の機能を使えば、サーキットで走行したデータを画面上に再現できる。再現された走行データとゲーム上で対戦することも可能だ。

 ゲーム内の「データロガー」機能を使えば、プロドライバーの走行データと自分の走行データを比較でき、運転テクニックの学習にも活用できるとしている。

 対応サーキットは、富士スピードウェイ(静岡県)の国際レーシングコース、筑波サーキット(茨城県)のコース2000、鈴鹿サーキット(三重県)の国際レーシングコース。今後、順次拡大する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -